FC2ブログ

ACTIVE STEP

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 特別研修会 □

第46回ACTIVESTEP特別研修会の報告

2月14日、15日は柿崎藤泰先生を講師にお招きして、胸郭についての研修会を開催しました。

胸郭の運動システムを再構築する際の考え方について、先生が臨床で感じ、それを大学院で研究して確認したデータを基に、胸郭の形態、機能について細かく、多くの実技を交えながら教示して頂きました。
内容は、ヒトの骨形態における左右差や筋機能から考える運動の偏り、連鎖反応など、胸郭⇔全身に及ぶものでした。懇親会では最終的にインソールに関わる内容までお聞きすることができました。

~講義風景~
IMG_0083.jpg
IMG_0051_20150221210203713.jpg
IMG_0055_20150221210205aae.jpg
IMG_0085.jpg
IMG_0090.jpg


懇親会
フグ⇒BAR⇒屋台ラーメン

IMG_0068.jpg
IMG_0066_20150221210206745.jpg
IMG_0069.jpg
IMG_0070.jpg
IMG_0072.jpg
IMG_0073.jpg
IMG_0080.jpg
IMG_0081.jpg

もう何回目か覚えてませんが僕はおそらく、大分県で一番多く柿崎先生の講義を受講していると思います。先生の講義で毎回思うのがスライドや発表内容の改変が多いことです。今回はいつも以上にエビデンスという部分のスライドが多くあり、『ここまでは確認してデータがあるけれど、ここからは確認していない内容です。』といった説明がありました。無理やり理論を当てはめるのではなく、あくまで現象を観察しているという先生のスタイルに感動しました。まさにEBMであると。
また、『大学院で研究していることは、臨床で自分が行っていることの確認をしているだけ。だから臨床と研究は解離していないですよ』と先生がおっしゃっていました。臨床という仮説を研究で検証するという作業。そのためには、日々の臨床で試行錯誤しながら理学療法を行い結果を出すことで、まずは自分自身の考え(仮説)を持つことが大切なように感じました。

柿崎先生ありがとうございました。また大分にフグを食べに来てください!!
IMG_0093.jpg

*    *    *

Information

Date:2015/02/21
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://activestep.blog134.fc2.com/tb.php/196-248c5e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。