FC2ブログ

ACTIVE STEP

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 特別研修会 □

第48回ACTIVESTEP特別研修会の報告

4月4日・5日に石井慎一郎先生をお招きして、『運動器疾患の動作を考える』というテーマで研修会を開催しました。

冒頭で、Hope、Needs、Meaningful Task、Driverについて説明があり、これが今回の研修会のキーワードでありました。
IMG_0666.jpg


我々セラピストが患者さんの動作を分析する目的は何なのか?患者さんは何を求めているのか?そもそもリハビリテーションとは何なのか? セラピストとしての信念にあたる内容について今の石井先生の考えを教えて頂き、受講者自身いろんなことを考えたと思います。
また、機能解剖学を基に仮説を立て検証し、エラーを修正するという過程を、実際の治療動画を通して見せて頂きました。この試みは今回が初であり、石井先生の臨床が見れて、非常におもしろかったです。

講義・懇親会風景
IMG_0648.jpg
IMG_0662.jpg
IMG_0660.jpg
IMG_0676.jpg
IMG_0678.jpg
IMG_0683.jpg
IMG_0684.jpg

懇親会では、今先生が取り組んでいる地域リハビリテーションの現状や、今後の目標・石井先生の夢についてお話をして頂きました。『最近やっとリハビリテーションとは何ぞや?がわかってきたような気がしますね~』とおっしゃっていたのが印象的でした。
IMG_0670_201504071918599b7.jpg


研修会の良いところは、最新の知見やデータなどの知識を聞くこともそうですが、知識を使って講師の先生が実際に体験・経験したこと(失敗談も含め)を聞くことで、臨床で仮説を想像する力を養う事ができる点にあると思います。
まだ経験したことはないけれど、これから経験するであろう臨床経験を疑似体験できる。これによって臨床の引き出しが増える気がします。
自身が今担当していて悩んでいる患者さんの事(実体験)を講師に質問をして、意見をもらう(経験を共有する)ことでより厚みのある関わり合いができるのではないか。そのための質疑応答や懇親会の時間も含め、研修会というのは使い方次第でとても良いものになるなと感じました。

石井先生今年もありがとうございました!!
IMG_0686.jpg

*    *    *

Information

Date:2015/04/07
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://activestep.blog134.fc2.com/tb.php/203-ebb0cba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。