ACTIVE STEP

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

第21回active step 特別研修会のお知らせ

皆様におきましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます.このたび、副島整形外科クリニックの田中 創先生をお招きして研修会を開催する運びとなりましたのでご案内いたします。
足部は床面と接する唯一の部位であり、衝撃緩衝器、荷重支持機能、推進機関としての機能を切れ目なく繰り返す重要な身体の一構成部分であります。足底挿板は足部に対する機能的アプローチとして有効な治療法であり、足部機能向上のみならず、全身的な姿勢制御に影響を及ぼします。しかしながら、その理論を理解するための文献は十分ではなく、他の関節に比べて研修会のテーマとしても圧倒的に少ないように思います。そこで今回、田中先生に、『変形性膝関節症に対する足部からの介入~運動連鎖の視点を用いた足底板~』というテーマで御講義頂き、足部の機能解剖から、臨床応用へのヒントを足底板を通して学ぶことができればと思っております。
先生のお話が聞けるのは貴重な事ですので、皆さま奮ってご参加ください。

日 時:平成23年10月16日(日)
(受付 9:00~ 講義時間 午前9:30~12:00 午後13:00~15:30
講 師:田中 創 先生 副島整形外科クリニック
テーマ:変形性膝関節症に対する足部からの介入 ~運動連鎖の視点を用いた足底板~
場 所:新別府病院 リハビリテーション室 参加費:5000円 定員:30名(定員になり次第締め切り)

<申し込み方法>
氏名、所属施設名、経験年数、連絡先(電話番号、アドレス)を記入の上、下記アドレスまで申し込み下さい。また、件名には、必ず『第21回 ACTIVE STEP特別研修会申し込み』と記入して頂きますようお願いいたします。締め切りは10月8日(土)とします。
申し込み先:reha1@shinbeppu-hosp.jp 新別府病院 理学療法士 武内 未穂
※応募後は数日内に受け付け完了のご連絡をさせていただきます。返信がない場合は受付がされてないこともありますので、再度ご連絡をお願い致します。
※受付完了後のキャンセルは、キャンセル料を頂く場合がございます。ご了承ください。
※当日は、実技のできる服装の準備をお願いいたします。また、昼食は各自準備をお願いいたします。


田中 創先生のご略歴
<学会発表>
「腱板断裂患者に対する術前理学療法の一考察」2006
「肩関節術後の末梢循環障害における客観的評価の試み」2007
「立位回旋運動と股関節回旋の関連性」2009

<論文・著書>
理学療法.講座 関節病態運動学:7 股関節の病態運動学と理学療法?.2007年24巻4号.メディカルプレス
理学療法.講座 関節病態運動学:16 足関節の病態運動学と理学療法?.2008年25巻2号.メディカルプレス
実践MOOK 理学療法プラクティス 変形性関節症.文光堂
理学療法ハンドブック【改定第4版】 理学療法の基礎と評価.共同医書出版社
臨床推論を軸とした変形性膝関節症の理学療法.メディカルプレス
実践MOOK 理学療法プラクティス 大腿骨頚部骨折.文光堂
*    *    *

Information

Date:2011/09/20
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://activestep.blog134.fc2.com/tb.php/64-94a107b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。